忍者ブログ
ありがとうございました
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんにちはこんばんはおはようございます。
昨日、『シトリンの欠片』が登録されました。

簡単に説明すると、サイコレズとシスコンが出てくる話です。つまり暗いです。
別の話を書いていたのですが、今の季節にぴったりなリア充の話で書いてて辛くなって「百合の話書きたい……」って呟いてしまい、気持ちがそっちに行ってしまったわけです。

でも楽しかったです。
書いてる時が一番楽しいです。書き終わったら、気持ちが冷めていく気がします。
そして、また暗い話を書いてしまった、こんな話を喜んで読む人間がいるのかと落ち込みます。

以下設定とか


登場人物について
杜織 紗良(とおり さら)
 4月16日生まれ 164cm
 黒髪ゆるふわ、お嬢様系。かなり冷めている。
 とある元華族の分家という裏設定があったり。

一堂 珠樹(いちどう たまき)
 8月1日生まれ 156cm
 裏表がなく明るい女の子。
 いつも紗良と一緒にいますが、他にも友達はたくさんいる。

篠川 千秋(ささがわ ちあき)
 珠樹の幼馴染。眼鏡は伊達。
 元々は優しい性格で、珠樹とよく遊んでいた。

千秋の姉
 大学3回生。社会人の彼氏がいて、卒業したら結婚する予定。
 おっとりとしており、千秋をとても可愛がっている。


 この話の中で、紗良が珠樹を好きと言う、いわゆる「百合」は彼女の恋愛において壁の要素になっています。ですが、私は同性を好きということに対して批判的ではないです。そこのところをご理解ください。

 私が百合の話を書きたいと思って簡単に流れを考えていた時から、ハッピーエンドにならないことだけは確定していました。
 好きな相手が別の人を好き、というのは恋愛モノの定番ですよね。
 でも、千秋は珠樹に全く興味がないし、態度が冷たいのできっと読んでいると、彼が悪者にされてしまう……。と思ったので、急遽姉を好きという設定を入れました。

シトリンには友愛という意味があり、それが砕けてしまったのでこのタイトルをつけています。

では、読んでくださった方、ありがとうございました。
今年はこれで終わりかな。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
Lapree
性別:
非公開
自己紹介:
何かもそもそと作っています。
作ったものの実況、レビュー等は大歓迎です。
ご報告はなくてもOKです。営利利用はご遠慮下さい。

リンクフリー・ご自由にどうぞ
最新記事
(11/28)
(07/30)
(12/12)
(06/02)
(01/11)
P R
忍者ブログ [PR]